Column社長のエクステリアコラム

知って得するエクステリア情報をお届けします

コラム14 始めよう遮熱対策!

猛暑が原因で起こるリスク

光を感じながら遮熱対策

建てたばかりのころは広々とした窓から日が差し、気持ちよく感じていた。けれど、春も終わり夏が近づいてくると日差しがキツく、家の中は猛暑となる。猛暑が昨今続いており、家の中でも熱中症になると注意喚起されています。コロナ感染症が流行し続けており、在宅で過ごす事も多くなっております。窓の断熱をし、熱の流出入を抑えることが大切です。お部屋をより快適な空間としませんか?



光を感じながら遮熱対策

窓を小さくする事なく、外の景色も眺め続けていきたいと思いますよね。そこで、オススメなのが、遮熱フィルムです。
断熱フィルムを貼ることで、熱の侵入を防ぎ、冷暖房効果を上げることができます。
1枚ガラスの大きな窓ガラスに合わせたサイズのフィルムをオーダーし、不自然な見栄えとならないよう貼ることが出来ます。
断熱フィルムには遮光、UVカット効果がついているものなど種類があるので、専門業者に相談をオススメします。

色々な遮熱対策を

光を感じながら遮熱対策

特に窓の外側からの日差しを遮ることで、熱の侵入を大きく減らすことができますので、窓に貼る遮熱フィルム以外にも合わせてされることをオススメします。

例えば、日よけのシェードやすだれを設置する。また、雨戸、シャッターを閉める。昨今、カーテンにも遮光、遮熱、UVカット効果のある物も販売されているので交換するなど対策をしていただくことで、より快適な空間へと変わります。

T
O
P